<戻る
 九州両生爬虫類研究会 第1回大会
   

大会は44名の参加があり、皆さんが熱く語る中、盛況のうちに終了しました。

来年の第2回大会は2011年2月12日(土)北九州市自然史・歴史博物館で開催されます。
多数の参加をお待ちしています。
             
 
                第1回大会参加者の記念写真

記念講演
  
 講演者  倉本 満(九州両生爬虫類研究会会長,福岡教育大学名誉教授)
 演題   「レッドデータブックと両生・爬虫類」





●研究発表
河野慎也
「人為的移入に由来する日南市オキナワキノボリトカゲ(Japalura polygonata polygonata)
個体群の生態的特性に関する研究」
 宮崎県
坂本真理子
「九州産コガタブチサンショウウオ(Hynobius yatsui)の系統生物地理
−火山活動と第四紀の気候変動によって引き起こされた遺伝的分化」
 熊本県
 松尾公則
「長崎県に生息する4種のヤモリ属」
 長崎県
 森田祐介
「大分県内でのタワヤモリの生息状況〜地域の環境把握の視点から〜」
 大分県
 山根明弘
「カスミサンショウウオの孤立集団における遺伝的多様性」
 福岡県
 渡邉 剛
「鹿児島県に生息するサンショウウオ類」
 鹿児島県
 渡邉ひろ美
「オオイタサンショウウオ幼生における側線器官の組織学的観察と体表分布」
 大分県

 

  

 

 
 
一人一枚写真発表(写真とコメントは「生き物情報」に後日、順次掲載していきます。)

 No.

 氏 名

 種 名

登録県 

  1 

佐藤 眞一

ニホンヒキガエル 

大分県

  2

松尾 公則

ヒバカリ・ダンジョヒバカリ

長崎県

  3 

末吉 豊文

ベッコウサンショウウオ

宮崎県

 4

坂本 真理子

シロマダラ

熊本県

 5

瀧口 勲

ヒメハブとシロアゴガエル

熊本県

 6

宇都宮 靖博

ブチサンショウウオ 

香川県

 7

釣谷 洋輔

ヒャン

東京都

 8

大倉 鉄也

ニホンヒキガエル

大分県

 9

渡邉 ひろ美

オオイタサンショウウオ

大分県

 10

渡邉 剛

ベッコウサンショウウオ

鹿児島県 

 11

那須 尚子

ニホンアマガエル 

熊本県 

 12

金尾 充浩

ニホンカナヘビ 

福岡県 

 13

五十川 清

ツシママムシ
トノサマガエル
タゴガエル
シュレーゲルアオガエル

大分県 

  14

多比良 修

ニホンアカガエル

福岡県 

 15

日野 勝徳

ツチガエル

大分県 

 16

森田 祐介

チズガメ属の一種

大分県 

 17

長友 宏子

オキナワキノボリトカゲ

宮崎県

 18

清水 稔

ニホンカナヘビ

熊本県

 19

吉森 安英

タカチホヘビ

福岡県

  20

藤田 宏之

イシカワガエル

埼玉県

 21

内海 和久

ツシマサンショウウオ

福岡県

 22

森山 大吾

カジカガエル

広島県

 23

森田 敏弘

ニホンアマガエル

広島県

 24

大川 博志

カスミサンショウウオ阿武型
カスミサンショウウオ阿武型
カスミサンショウウオ

広島県

 25

太田 英利

ミヤコヒメヘビ

兵庫県

 26

国府田 努

ヒバカリ

鹿児島県

 27

池田 淳

タゴガエル

佐賀県

 28

平山 良太

アカハライモリ

佐賀県

 29

末藤 麗子

ハブ

福岡県

 30

浜脇 幸一

アオダイショウ

宮崎県

 31

小溝克己 イシカワガエル 鹿児島県