九州両生爬虫類研究会 第10回熊本大会・総会の案内
        
           大会プログラム  PDF版
                                    大会案内ダウンロード用
  PDF版
 
           大会参加申し込み書  
  Word版

1.日時:2019216日(土)10:00

 

2.会場熊本空港ホテルエミナース

上益城郡益城町田原2071-1 テクノリサーチパーク内  096-286-1111

 

3.日程

10:00  受付

10:25 開会のあいさつ

10:30 講師紹介・特別講演1

<休憩11:20-11:30

11:30 講師紹介・特別講演2

12:20 記念撮影

12:30 昼食

13:30 研究発表(一人15分、4人)

<休憩14:30-14:40

14:40 研究発表(一人15分、4人)

<休憩15:40-15:50

15:50 一人一枚写真発表

16:30 総会

17:30 事務局からの連絡、閉会のあいさつ

18:30 懇親会

 

<特別講演>

演題1:「アカハライモリなどを対象とした地理的分化と系統の置き換わりに着目した

両生類の種分化研究」

講演者:富永 篤氏(琉球大学教育学部)

 

演題2: 「謎が謎をよぶタゴガエルの進化史」

講演者:江頭幸士郎氏(北九州市立自然史・歴史博物館〜いのちのたび博物館)

 

<研究発表>

@  大川 博志

「西日本のカスミサンショウウオの再検討」

A  保田 昌宏

「宮崎南部海岸におけるアカウミガメの父母系の遺伝子解析と戻し交雑の可能性」

B  今泉 法子・田中 万緒

「オキナワキノボリトカゲの行動に関する研究」

C  今竹 翔一朗

「宮崎県日向市に定着したスウィンホーキノボリトカゲの繁殖状況」

D  泉 徹耶

「九十九島周辺海域における2018年ウミガメ混獲状況」

E  菅野 一輝

「福岡県糸島市で発見された過剰肢を持つブチサンショウウオとその3Dモデル」

F  村田 満

「オオサンショウウオの痩せ現象と微胞子虫症の関係について」

G  坂本 真理子

「ダム建設に伴う湿地再生事業における両生類の保全」

 

<ポスター発表>

@新村 義昭

「絶滅危惧U類「カスミサンショウウオ」の保護・保存活動と小学児童への環境教育」

A荒地 香澄

「オオサンショウウオの分泌物について」

 

<一人一枚写真発表> 

申し込み締切り:写真及びコメント送付は2019131日まで可

 できるだけ大会参加者全員に一人一枚写真発表をお願いしています.今回は希望される場合は動画で3-4分,または写真複数枚の発表も受け付けます.皆さんがお持ちの写真をスクリーンに映しますので,申込書とともに両生類・爬虫類の写真を添付して下さい.また,大会当日は写真につきまして1分程度のコメントを発表して下さい.電子メールで申込書を送られる場合は写真データの添付をお願いします.発表された写真とコメントはホームページ及び会誌第10号に掲載されますので,公表可能な写真をお願いします.

 

郵送または電子メールにてお申し込み下さい(可能ならば電子メールでお願いします).電子メールでお申し込みの場合,メールのタイトルは「熊本大会参加申込」として下さい.電子メールにて大会申込をされた方で,3日以上大会事務局からの確認メールが届かない場合は,お手数ですが,お電話でのご確認をお願いいたします.

 

<大会参加申し込み 締め切り>

宿泊希望者:2018年12月25日

宿泊なしの大会及び懇親会参加:2019131

大会のみ参加:当日参加でOK   

 

宿泊及び懇親会を希望される方は2019年2月5日(火)までに下記の口座(会費納入と同じ口座)に振り込んでください.よろしくお願いします.

 

振込先:ゆうちょ銀行
  ゆうちょ銀行のATMまたは窓口から振り込む場合
    記号:
17150 番号:14743401  九州両生爬虫類研究会
  ゆうちょ銀行以外の金融機関から振り込む場合
    七一八支店
718普通1474340  九州両生爬虫類研究会

 

郵送先:〒861-2404 熊本県阿蘇郡西原村河原3499-2 坂本真理子

       TEL090-1927-1414

電子メール:postmaster@kyushu-h.fc2-rentalserver.com(九州両爬研事務局アドレス)