九州両生爬虫類研究会 第8回山口大会・総会のお知らせ
         大会プログラム       PDF     
           アクセス           PDF
         
           大会案内ダウンロード用
  PDF版
 
           大会参加申し込み書  
  Word版

1.目的

1) 州・山口の両生類・爬虫類について調査研究した内容を報告,情報交換を行い,内容の深化や新たな課題等を考える.

2) 大会を通して,急速に失われつつある自然環境の保護・啓発を促進する.

 

2.日時

 

 2017218日(土)

 

3.会場

 

  〒753-0073 山口県山口市春日町8-2

  山口県立山口博物館別館2階講座室

  TEL 083-922-0294 

 

4.日程詳細

 

10:00  受付

10:25 開会のあいさつ

10:30 総会

11:15 研究発表(一人15分、4人)

12:15 記念撮影

12:30  昼食

13:15  研究発表(一人15分、4人)

14:30  特別講演

16:00  一人一枚写真

16:30  事務局からの連絡、閉会のあいさつ

 

<大会の内容について>

特別講演:「ウミガメと淡水カメ、両方研究してみてわかってきたこと」

講演者:岡山理科大学地球生物学部教授   亀崎 直樹氏

 

<研究発表>

研究発表を希望される方は参加申込用紙にご記入ください。

発表12分・質疑応答3分のあわせて15分を発表時間とし,PCプロジェクターを使用しての発表となります(パソコンはWindows,パワーポイントは2010年版も対応可能).

 

 

<一人一枚写真発表>

できるだけ大会参加者全員に一人一枚写真発表をお願いしています.皆さんがお持ちの写真をスクリーンに映しますので,申込書とともに両生類・爬虫類の写真を1枚添付して下さい.また,大会当日は写真につきまして1分程度のコメントを発表して下さい.電子メールで申込書を送られる場合は写真データの添付をお願いします.発表された写真とコメントはホームページ及び会誌第8号に掲載されますので,公表可能な写真をお願いします. なお、写真は数枚でもかまいませんが、その場合は大会事務局にご相談ください。

 

<エクスカーション(案)>

日時:219日(日)

案内人:村田 満

内容:@岩国市錦町錦川水系宇佐川でのオオサンショウウオの観察・保護施設でのオオ

サンショウウオ見学など

交通手段は車のみになります(各自で手配)。

中国自動車道 山口インター〜六日市インター〜岩国方面へ 約1時間20分  道の駅「ピュアラインにしき」1000集合  現地解散1300予定

A道路に雪がない場合は解散後(希望があれば)

岩国市錦町宇佐寂地山でのナガレタゴガエル・ヒダサンショウウオ・ハコネ

サンショウウオ生息地を案内します。登山は約往復5時間の行程です。

1900現地解散予定(長靴または登山靴、ヘッドランプは必要です)

    B中国自動車道 冬タイヤ規制の場合

秋吉台周辺でカエル類・カスミサンショウウオを観察

 

<懇親会>

参加希望者は申込書にご記入のうえ,当日の受付時に懇親会費(飲み物込み)5,000円(小学生以下2,500円)をお納めください.一年に一度です,心ゆくまで両爬談義を楽しみましょう.奮って御参加下さい.

 

<参加申し込み締切り:2017118日(水)>

郵送または電子メールにてお申し込み下さい(できるだけ電子メールでお願いします).電子メールでお申し込みの場合,メールのタイトルは「山口大会参加申込」として下さい.電子メールにて大会申込をされた方で,2日以上大会事務局からの確認メールが届かない場合は,お手数ですが,お電話でのご確認をお願いいたします(大会事務局 田中まで)

 

送付先・連絡先(第8回大会事務局)

郵送:753-073 山口県山口市春日町8-2 山口県立山口博物館 動物担当 田中浩

TEL083-922-0294(田中携帯:090-7971-6843

電子メール:h-tanaka43@nifty.com